トップページ >  > 乾燥肌のかゆみ対策~つらい痒みをなくすには?

乾燥肌のかゆみ対策~つらい痒みをなくすには?

乾燥肌とかゆみ

カサカサやツッパリ感というのが乾燥肌のよくある症状ですが、肌のバリア機能がさらに低下するとかゆみがでてきます。


汗をかくと痒くなるという人もいるとおもいますが、角質層が傷んだお肌には、髪の毛の接触や汗程度のアルカリ分でも刺激になるんですね。


ここまでくると乾燥性敏感肌といったほうがいいかもしれません。


カサカサやツッパリ感に比べると、かゆみは少々やっかいです。というのもカサカサやツッパリ感は保湿クリームを塗れば、比較的すぐに落ち着くものですが、かゆみはそう簡単には消えてくれないからです。

バリア機能の低下とかゆみを感じるメカニズムの関係

乾燥肌は肌のバリア機能が低下している状態だということは再三お伝えしているとおりです。


髪の毛や衣服が触れる程度のなんでもない刺激であっても、バリア機能が弱った無防備な肌にとっては、炎症を引き起こすような刺激になってしまい、その炎症がかゆみ物質のヒスタミンの分泌を促進させてしまうんですね。


さらに、長い間、乾燥肌に悩まされた人の肌や敏感肌だという人の肌は、痛み・かゆみを感じる神経繊維が表皮の近くまで伸びてきてしまって、刺激に対して過剰に敏感な反応をするようになってしまっているのも問題です。


かゆみのメカニズム
画像:肌トラブルとスキンケア|持田ヘルスケア


肌内部には「求心性C繊維」という痛みやかゆみの情報を伝える神経が伸びています。この神経の末端は通常、真皮までで途絶えていますが、バリア機能が壊れてしまうと神経の末端が表皮の中にまで伸びてきてしまうため、ピリピリした痛みを感じるようになります。


こんな肌状態のときに肌を掻いてしまうと、かゆみの原因となるヒスタミンを誘発する物質(神経ペプチド)が出てきてしまうので、より一層かゆみがひどくなります。つまり、掻けば掻くほど、かゆみはひどくなってしまうんですね。


※掻けば掻くほど、その摩擦でバリア機能がさらに壊れてしまいますし、炎症が発生してメラニンが生成されるため色素沈着の原因にもなります。要注意!


また、乾燥肌は、本来であれば弱酸性に保たれている皮膚のpHがアルカリ性に傾きやすいこともあり、皮膚常在菌のバランスが崩れて、雑菌や細菌が増殖しやすい状態になっていることも、炎症からかゆみが生じる原因になっています。

肌を保護して「セマフォリン3A」の生成を促す


痛みやかゆみの情報を伝える「求心性C繊維」の成長を抑えてかゆみを止める方法の1つが、皮膚の細胞自身が作り出している「セマフォリン3A」というかゆみを抑制する物質に頑張ってもらうことです。


しかし、かゆみに負けて肌を掻いてしまい、皮膚の細胞が傷ついていると「セマフォリン3A」が生成されないという事態に陥ります。


引っ掻くことによって傷ついた皮膚の細胞が復活して「セマフォリン3A」を作り出すまでにかかる期間はおよそ2週間。この期間は保湿ケアを続けることはもちろん、とにかく肌を掻かないようにして皮膚の細胞を守らないといけません。


「とにかく我慢する」というのも1つのかゆみ対策ですが、かなりきついです。おすすめは「冷やす」こと。脳が感じる刺激には優先順位があって「冷たい」と「かゆい」では「冷たい」の方が優先順位が上です。


ですから、かゆみのある部位を冷やしたり、体のどこかを冷やすと、脳の注意をそちらに向けることができるのでかゆみを緩和することができます。


同じように「痛い」という刺激も「かゆい」より優先順位が上なんですが、叩いたり、つねったりというのは肌に表面に傷がついたり、刺激になって他のトラブルを引き起こしてしまうので、それならば冷やしたほうがマシではないかと思います。

乾燥肌のかゆみを防ぐ3ステップ

ほとんどの人にとっては、かゆみを伴うような乾燥肌というのは寒さや空気の乾燥といった条件が揃う冬になって気になってくる症状だと思います。ただし、それを「冬だし、仕方ない」で片づけてしまってはいけません。


細胞間脂質のセラミドと結合した水分は湿度0%になっても蒸発せず、氷点下20度でも凍らないといわれていることを考えると、肌のバリア機能が正常であれば、日本の冬の寒さや空気の乾燥ぐらいでは、びくともしないのが本来の肌の姿なんですね。


つまり、気温や湿度が高かった季節には気づかなかった肌の本当の状態が、冬になると露わになってしまうというだけで、日頃の保湿ケアに問題があるから冬になって肌が乾燥し、かゆみがでてくる状態になってしまうということも考えられるわけです。


今すぐ、乾燥肌のかゆみを止める方法としては、抗ヒスタミン剤が配合された塗り薬などを塗るということになりますが、根本的な解決にはならないので、薬を止めればまたぶり返してしまいます。


かゆみの原因がアトピー性皮膚炎やアレルギー性じんましんなどの場合は、薬に頼らざるを得ない部分もありますが、肌体力の低下による皮膚の炎症とそれによるヒスタミンの分泌がかゆみの原因である場合は、毎日のスキンケアと生活習慣の改善が遠回りに思えて一番の解決策になります。


1、肌表面に保護膜をつくる保湿クリームやワセリンで外部刺激をシャットアウトする


外部刺激に過敏に反応してしまう肌状態になっているため、バリア機能を補う目的で、保護力の強い保湿クリームやワセリン、馬油などを塗って肌表面を保護してあげます。


顔だけに使う場合はセラミド配合の保湿クリームで充分ですが、ボディクリームとしても使う場合は費用対効果を考えると、皮膚科でもらえるヒルドイドローションか、ワセリン系の最高品質であるサンホワイトがおすすめです。

2、掻かずに冷やすようにする


肌を掻いてしまうと、かゆみの元となる「ヒスタミン」をどんどん分泌させてしまいますし、肌表面の角質層が壊れて、炎症を起こしやすくしてしまうので、炎症⇒ヒスタミンの悪循環が止まらなくなってしまいます。


掻くのを我慢すれば、皮膚の細胞自身が「セマフォリン3A」を作りだして、かゆみを抑制してくれるので、次第にかゆみは引いていくはずです。

3、皮膚科で抗ヒスタミン薬やステロイド外用薬を処方してもらう


我慢できないほどのかゆみになってしまえば、これはもう薬を利用せざるを得ません。皮膚科に行って抗ヒスタミン薬やステロイド外用薬を処方してもらいましょう。


炎症が悪化しやすいアレルギー体質でないかぎりは、保護力のあるクリームを使って保湿ケアを行っていれば、我慢できないほどのかゆみという段階には至らないはずです。


炎症がひどい状態であれば、何よりまず炎症を止めることが最優先になります。その後でボロボロになっている肌のバリア機能を改善して、炎症を起こさない肌を育てていくというプロセスを踏みます。


肌触りが柔らかく、肌に負担をかけない保湿クリームが毎日のスキンケアの肝になると思います。

<特集> 実感できる保湿化粧品を選ぶために

保湿クリームを徹底特集 かゆみの緩和にも!保湿クリームを徹底特集

ひどい乾燥や皮脂の分泌量が減った年齢肌、かゆみのある肌にはクリームの使い方が重要です。高機能に定評があるクリームを徹底解剖して紹介します。

保湿成分の保湿力を比較! 保湿成分を徹底比較!最も保湿力が高いのはどれ!?

保湿成分にはそれぞれ特徴があり、水分保持の仕方もさまざま。3段階でセラミド、コラーゲン、アミノ酸、ヒアルロン酸など有名な保湿成分の実力を比較しています。

セラミド保湿について徹底解説! セラミド保湿について徹底解説!

最強の保湿成分である『セラミド』を特集。セラミド配合ならなんでもいいというわけではなく、効果のあるセラミドを選ぶことが大切です。