トップページ >  肌の乾燥状態・悩みから選ぶ >  乾燥肌+シワ・たるみ・ほうれい線

乾燥肌+シワ・たるみ・ほうれい線ケアができる保湿化粧品は?

乾燥肌と一緒に年齢肌をスキンケア プラスアルファの効果も欲しい!


加齢とともに肌は乾燥しやすくなりますが、シワやたるみ、ほうれい線といった肌の老化も気になってきます。


特にメイクで隠せるシミと違って、シワやたるみは隠しようがないですし、顔の造形が変わってくることもあって、なんとかしたいと思っている方は多いはず。


そのため40代以降は、基礎化粧品は保湿力があるのは当然として、目の下のクマ・シワ・ほうれい線対策にもなるなど、老け肌対策にもなるプラスアルファの効果がほしくなってきますよね。


それなりに値段が張る夜用のスキンケアアイテムともなれば、なおさら保湿だけしか効果がないというのはちょっと物足りなさを感じるはずです。


加齢で減少してしまったセラミドを補う保湿を軸に、シミ・くすみ・シワ・たるみ・ほうれい線といったエイジングサインもまとめてケアできる保湿化粧品もあるのでうまく活用してみましょう。

A.ヒト型ナノセラミド+弾力成分配合のものを選ぶのがポイント!

ヒト型セラミドで肌のセラミドを直接補給すること!
ハリ・弾力を高めるスプリング成分を配合していること!
角層バリアを整えてターンオーバーを促進してくれるもの!

アヤナス【ayanasu】
アヤナス【ayanasu】

乾燥・敏感肌ケア+エイジングケアを可能にした独自のトリプルリペアシステムでバリア機能を高めてセラミドでうるおいを保ちコラーゲンの生成をサポートしてくれます。
価格:1,480円 送料:無料

サエル【saeru】
サエル【saeru】

バリア機能を整えながらうるおい溢れる美白が効く肌環境をつくってくれます。シミや肌の透明感が気になる方に。

サエル【saeru】 10日間トライアルセット
エクセレントエンリッチ
オルビスエクセレントエンリッチ

オルビス史上最高の保湿力×エイジングケアを実現した、うるおいとハリを呼び覚ますエイジングケアシリーズです。

エクセレントエンリット

乾燥肌+シワ・たるみ・ほうれい線にオススメの保湿化粧品はコレ!

ベストコスメ4冠の「アヤナス」 乾燥+年齢肌には「アヤナス」がいい!


肌の乾燥は目元や口元の小ジワに直接的に、たるみやほうれい腺にも間接的ではありますが関係しています。


角層が乾燥して硬くなっている状態だと、普段よりもシワやほうれい線が余計に目立つということを実感している人は多いはずです。


そのため、シワ・たるみ対策であってもしっかり保湿することは基本中の基本。


さらに加えて、シワやたるみ(=ほうれい線は頬のたるみが原因)対策をする場合は、加齢や紫外線で劣化するコラーゲンやエラスチンといったハリや弾力に影響するスプリング成分を補うor強化するケアが必要不可欠になってきます。


アヤナスは、そうした「乾燥ケア+エイジングケア」に不可欠な保湿力とエイジング機能を兼ね備えた基礎化粧品で乾燥に負けない肌を育てながら積極的なエイジングケアができる点が最大の魅力です。


※2016年10月には、乾燥肌や肌老化を促進する原因となる「心理的ストレス」にも対応した処方にリニューアルされて、パワーアップしました。


そもそもアヤナスは乾燥し、バリア機能が低下して敏感になった肌は外部刺激のダメージを受けやすいため実年齢よりも老けて見えるというお客様の声から開発された商品


年齢とともに乾燥とハリ・弾力不足が気になりだしたという方はもちろん、「早くからアンチエイジングをはじめて、肌老化が深刻な状態になる前に手を打ちたい!」と考えている方にとってもアヤナスはピッタリのアイテムだと思います。


肌に自信が持てれば、今よりずっと毎日が楽しくなりますよね。



乾燥+肌老化に働きかける!アヤナスの3つの特長!
4年の月日をかけ「乾燥ケア+エイジングケア」を実現!
保水力の高いヒト型セラミドで保湿できるから乾燥知らず!
独自成分CVアルギネートが肌のコラーゲン生成をサポート!

老け顔のシンボル「ほうれい線」「目の下のたるみ」どう対策すればいい?

加齢とともに顔にあらわれるエイジングサイン。


ある年齢までは「シミ」が気になる肌の悩みNO.1なんですが、シワやたるみ、そして頬の脂肪の重さに耐えらなくなってでてくる「ほうれい線」が目立ちはじめると、肌の悩みNO.1は「シワ・たるみ」に代わられるようです。


なかでも「ほうれい線」は老け顔のシンボルといわれるように女性の見た目を劇的に老けさせるうえ、シミと違ってファンデーションやコンシーラー、BBクリームで隠せないため肌悩みとしては相当深刻な部類に入ると思います。


このほうれい線ですが、「表情筋の衰え」「真皮層のコラーゲンやエラスチンといった弾力成分の劣化・変性」が原因です。頬には脂肪が多く、その重みを皮膚組織や表情筋が劣化することで支えきれなくなると、頬がたるんで線が刻まれてしまうわけですね。


※ほうれい線と並び、加齢とともに目立ってくる目の下のクマ・膨らみも目元の眼輪筋や真皮層の弾力線維が衰えてくることで、目の周りにある眼窩脂肪を支えきれなくなって、たるんでくることが原因です。


一度刻まれたほうれい線は元に戻らないといわれることも多いですが、スキンケアでもやれることはありますから諦める必要はまったくありません。


紫外線や糖化・酸化など肌のコラーゲンを劣化させるものを防ぐ


紫外線(特にUVA)、炎症、糖化・酸化によるダメージは、皮膚の真皮層にあるコラーゲンの劣化や変性につながって、シワやたるみの原因になります。


「擦らない」「浴びない」「触りすぎない」スキンケアや糖質を控えてタンパク質といい脂を欠かさない食生活、生活習慣でそうした悪化因子をシャットアウトすることが大事です。

繊維芽細胞を活性化してコラーゲン代謝を促す


FGF(線維芽細胞増殖因子)、ビタミンC、ナイアシン、レチノール、WRペプチド、CVアルギネートなどが線維芽細胞を活性化させる成分として有名。


インナーケアでは、コラーゲンの分解を促進する活性酸素を除去することも大事で、コエンザイムQ10など抗酸化作用のある成分は必須!1日5gのコラーゲンペプチドの摂取は、繊維芽細胞を活性化する効果があると確認されています。

表情筋を筋トレで鍛える


表情筋を鍛える方法は、おきゃんママの「顔ダンス」、間々田佳子さんの「顔ヨガ」あたりを参考にしてもらえばいいかと思います。根気がなく続けられそうもない人には「舌回し運動」が簡単でおすすめ。


イギリス人のテス・クリスチャンシワさんのように、シワになるからとなるべく笑わないようにしているという人もいると思うんですが、こういう対策は何か根本的に間違ってますよね。スキンケアや老けない生活習慣にきちんと取り組んで、ちゃんと笑ったほうがいいです。


肌が潤っていると皮膚に厚みがでてハリがでてくる分、ほうれい線も薄くなって目立ちにくくなります。バリア機能が低下していると外的刺激の影響を受けてコラーゲンにダメージを与える炎症の原因にもなるので、保湿も忘れないようにしてくださいね。



肌の乾燥状態や年齢からぴったりの保湿化粧品を選ぶ!