20代にオススメの保湿化粧品の選び方・ランキングBest3

20代の乾燥肌はスキンケアと生活習慣を見直す スキンケアと生活習慣に問題あり!?


20代という若さにもかかわらず、肌が乾燥して仕方ないという場合、もともと生まれつきセラミドや皮脂の量が少ないという遺伝的な要因がある以外で考えられる原因は、間違ったスキンケアと乾燥肌になる悪い生活習慣を送っている可能性です。


詳しくは後述しますが、「洗浄力の強い洗顔料やクレンジング剤の使用」「化粧水メインの保湿ケア」「メイクや紫外線による肌へのダメージ・炎症」「エアコンによる乾燥」「夜更かし・運動不足・偏食」などが考えられます。


ストレスによってもバリア機能は低下するので、仕事や人間関係、プライベートで悩みがあると、肌にはマイナスの影響がでてきます。思い当たることはないでしょうか?


加齢による保湿成分の減少ということは考えにくいので、20代なのに乾燥肌という方は、毎日のスキンケアと生活習慣を見直したほうがよさそうです。


バリア機能が低下して肌の水分保持力が落ちた肌に対してはまずクレンジングや洗顔を見直して肌のうるおい成分を守ることが最優先。それからセラミドなど肌の組成成分で保湿できる基礎化粧品を使って保湿するのが有効です。

20代の肌のうるおい不足を解消する保湿のポイント!
洗浄力の強いクレンジングを使っている人は乾きやすい傾向に!
ストレス・夜更かし・運動不足などもバリア機能を低下させます!
バリア機能を回復させるためにはセラミド保湿がおすすめ!
ディセンシア
ディセンシア

バリア機能が低下した肌を保護膜を形成し保護する特許技術とヒト型ナノセラミドで保湿してくれるWアプローチが好評!アトピー肌にも使えます。
価格:1,470円 送料:無料

アテニア
アテニア

「時計美容×最先端成分」とリニューアルされてことで全年代対象の保湿専門ブランドに生まれ変わりました。

アテニア
米肌-MAIHADA-
米肌-MAIHADA-

肌の水分保持力を高めるライスパワーエキスNO.11を配合。お米と発酵の2つの力で潤い肌を実現します。

【米肌~MAIHADA~】\「お米」「発酵」の力で、ふっくらとした潤い肌へ/

20代の乾燥する肌にオススメの保湿化粧品はコレ!

「ディセンシア」でバリア膜を形成!


原因はともかく、肌の水分を保てなくなっている乾燥肌(&敏感肌)には、バリア機能を強化し、肌の水分保持力を高めてくれるセラミドを補給する保湿ケアが一番有効です。


一押しのディセンシアは、高浸透セラミドケアでセラミドを補給して肌の水分量を保持する力を高めてくれると同時に、肌表面をラップでつつむようにヴェール膜を形成して肌を保護してくれる点が特徴。


「乾燥や花粉、ハウスダストといった外部からの刺激を完全に遮断しつつ、内側からの水分蒸発も防いで長時間うるおいをキープする」という"潤す+保護する"という2段階のバリアケアで間違ったスキンケアや生活習慣で乾燥・敏感になった20代の肌を守ってくれるわけです。


ディセンシアの特許技術である保護膜形成技術はもともとアトピーの研究から生まれたものということもあり、乾燥・敏感肌にはもちろん、アトピー肌にも安心して使えます。肌にやさしく低刺激なコスメでしっかり保湿したい方にはディセンシアはぴったりだと思いますよ。



セラミドと特許技術のバリア膜で乱れた角層バリア機能を立て直す!

肌を保護しながら保湿する皮膚の専門家絶賛のバリアコスメ!
高浸透ヒト型ナノセラミドで肌の保水力200%アップ!
バリア機能が低下し、カサつきやヒリつきがある肌にも◎

20代の乾燥肌は、日本人女性特有の乾燥肌の原因が影響!?

ホルモンバランスも10代の頃と比べると安定しますし、細胞には活力もあって新陳代謝が旺盛な20代で、乾燥肌というのは普通考えられません。


しかし、実際はというと日本人女性の多くが年齢に関係なく、肌の乾燥を気にしているというのが現状です。これって何故なんでしょうか?


2013年にトレンド総研が「肌の乾燥」をテーマに、20~50代の女性500名を対象としたアンケート調査を実施したところ、実に9割もの人が「肌の乾燥」を気にしていると答えたそうです。ちょっと驚くような数字ですよね!


季節・年齢によって変わってくると思いますが、他のアンケート結果なども加味すると、「ときどき乾燥肌」を含めると女性の7~8割は肌の乾燥を感じている模様


ここまで日本人女性の肌が乾燥している要因には、いろいろなことが考えられるわけですが、特に以下の影響が強いということがいわれることが多いです。


検証!なぜ日本人女性の肌は乾燥しているのか?


● サハラ砂漠以上に乾燥するといわれる冬の日本の気候(※太平洋側)
● メイクをする年齢の若年化(中学生からメイクする人が増加中!)
● クレンジングや洗顔といった落とすケアを重視する考え方
● 「化粧水での水分補給が保湿」という間違った保湿の知識の氾濫
● ステップ数の多い肌を触る回数が多い重ね塗りスキンケアの影響


いずれも日本ならではという理由が並びます。


ただでさえ気候的に乾燥しやすいのに、毎日のメイクやスキンケアで肌のバリア機能を弱らせてしまうので、余計に肌が乾燥してしまうという状態なんですね。

与える保湿よりも、守る保湿を優先すること!

女性が男性に比べて肌の乾燥が気になるのは、「皮脂の分泌量が少ない」「皮膚が薄い」といった肌の構造の違いといったことに加えて、「メイクをする=クレンジングをする」という要素があることが大きいです。


メイク汚れが残ってしまうと、毛穴の黒ずみの原因になったり、酸化して肌にとって刺激物になるので肌内部が炎症して肌荒れやくすみ、色素沈着になってしまいます。


そのため、メイク汚れはしっかり落とさないといけないんですが、クレンジングはその性質上、どうしてもメイク汚れととも皮脂・天然保湿因子・細胞間脂質(セラミドなど)・表皮ブドウ球菌などの善玉菌も一緒に洗い落としてしまうんですね。


しっかり汚れを落とそうとクレンジングや洗顔に時間をかけたり、ゴシゴシ擦る、脱脂力の強い洗浄成分を配合したものを使っていると、余計にうるおい成分が流出してしまいます。


肌のうるおいを保持するには肌が自前で作りだす保湿成分をいかに守るかということが大事なんですが、この「うるおいが流出しないように守る」ということも大切な保湿のポイントだという意識がすっぽり抜け落ちてしまっていることが多いように思います。


つまり、「洗いすぎ」ることで自ら乾燥肌や敏感肌を作ってしまっているというのが若い女性に、そして清潔志向の日本人女性の7~8割が乾燥肌や敏感肌だという理由だと考えられるんです。


20代と若い人の場合、鼻の毛穴汚れなども気になるので、どうしても洗顔料やクレンジングを選ぶ際は、洗浄力や汚れの吸着力といった点に注目してしまいがちですが、乾燥肌にとってはうるおいを守るということのほうが100倍大事だということを覚えておいてください。


さらに、洗顔後のスキンケアとして、化粧水から美容液、乳液・クリームと重ね塗りをするという私たちが当たり前だと思っているスキンケアは、肌に触る回数が多いため肌への摩擦や刺激が増えて、肌の水分保持を担うバリア機能にとっては悪影響でしかありません。


化粧水⇒美容液⇒乳液・クリームと重ね塗りするスキンケアは、皮膚生理学的に根拠があってこうした手順になり、アイテムが必要になったわけではなく、化粧品を販売する会社の都合で作り上げられたものだというのはココだけの話です。


「しっかりオイルクレンジングで汚れを落とし、スキンケアに使うアイテムを増やして手をかければかけるほど、肌はきれいになるし、潤いある肌になれるはず」と思いがちですが、真実はそうではないということです。


20代の保湿で大事なのは、まずは何が自分の肌を乾燥させてしまうかを正しく知ることです。


「メイクをしない日を作る」「洗浄力の弱いクレンジングorお湯で落ちるメイクに変える」「洗顔後は化粧水のステップを省いて保湿クリームだけで保湿する」いろいろ試してみてください。


20代の肌はまだまだ元気ですし、自潤力も旺盛なので、何か付け足したり加えるよりもシンプルなケアで肌本来の潤う力を引き出してあげるほうが良い結果を得られると思います。


肌の乾燥状態や年齢からぴったりの保湿化粧品を選ぶ!